新車値引きには限界がある?

新車を値引くコツは?
まず、あなたが欲しい、狙っている車の相場を知っていることが大前提です。
自分が欲しい車種をいま新車で買うとするといくらぐらい値引けるものなのか?
まずは自分が欲しい車の相場をチェックしてみましょう。

 

とはいっても、最近は人気車種ほど普通に値引くのはどんどん難しくなってきています。
新型ハリアーのように、数万円値引きできれば御の字ぐらいの車種もありますから
昔のように数十万円安くするというのはもう現実的ではありません。
(もちろん、車種にもよりますが)

 

ではどうすべきか?ということを考えるわけですが、普通に新車を値引くだけでは
効率の良い値引きはできません(`・ω・´)キッパリ

 

これから買う新車を安くするのではなく、いまあなたが乗っている車を高く売ることによって、
実質的な値引きを実現させるというのがいいでしょう。

 

そのためにすべきことは2つしかありません。

 

ディーラーの見積もりを下取りありのパターンと無しのパターンでもらう

 

愛車がいくらで売れるのか?を複数の車買取会社に査定に出す

 

これだけです(・∀・)b
ここでポイントは?複数の買取業者に査定してもらうという点。
買取業者といっても、できるだけ安く買ったほうが利益になるわけですから、
なるべく足元を見ようとしてきます。

 

が、他にも買い取り業者がいると分かれば?
そうそう安い金額は出せなくなりますから、うまくいけばディーラーに下取りに出すよりも30万円以上差額が出ることだってありますよ(・ω・)/

新車値引きの相場は変わる?

新車の値引き額には、当然車種によって限界があります。
あと、季節的な要因もありますね。
例えば?

 

3月は決算期を迎える企業が多いので、
「1台でも多くの車を販売したい」
と考えています。

 

すると?
値引き幅も大きくなるというわけです。
一般的には、やはり2月、3月が狙い目ですね。

 

あとは、エコカー減税とか補助金が終わった後もいいでしょう。

 

補助金がもらえるうちに買おう!
という人が多いですから、逆転の発想でその分をおまけしてもらうという手もあります。
ただ、いずれにせよ新車を購入する時に値引きするのには限界があります。
もっと確実に値引きをするには?違うポイントをおさえておく必要があるんです。

ディーラーに下取りに出してはいけない理由

新車を安く買うために、これから買う車の値段ばかり気にしていませんか?
それは無理がありませんが、もう一つ重要なことがあります。
それが、いま乗っている車がいくらで売れるのか?
ということ。

 

一般的にディーラーの下取りに出すと、かなり安い金額で下取りを出すことになります。
そう。実は、車のディーラーはここで儲けているわけです。
(やり方がうまいw)

 

例えば、本当は50万の価値がある車を、20万円で下取りすれば?30万円が儲けとなりますよね。
でも私たちはそれが当たり前というか、普通だと思っているんです。
そう、まさに無知とは罪な状況が続いているんです。

 

では、あなたが損をしないためには?いま乗っている車を高く売るという発想が必要になります。
そこで役に立つのがコチラ。

 

車の一括査定サイトを利用することで複数の会社から見積もりをとることができるので、
単に下取りに出してしまうよりも断然高い価格で売ることができます。

 

仮に10万円でも20万円でも得をすれば?それを新たに購入する車のオプション費用に充てたり、
ドライブ旅行に充てたり。綺麗な女性と(内緒でw)デートに行ったりもできるわけです。
ディーラーを儲けさせるのも悪いとは言いませんが、下取りと買取の金額を比べてみてから判断してみても、遅くはないかと。

 

下取りとの価格の差に、びっくりしますよ?

 

車の一括査定ならカンタン車査定ガイド

 

 

 

更新履歴